体外受精の流れ|妊娠したい方必見!妊婦の食事や妊活の方法を徹底解説

体外受精の治療の流れを把握しておきましょう

体外受精の流れ

顕微鏡

卵巣に働きかける

体外受精を受ける不妊でお悩みの女性の中には、排卵が安定していない事があります。そのため、まずは卵巣の働きにアプローチしていく事があるでしょう。卵巣にアプローチしていく際には薬または注射を利用する事となります。

精子・卵子を採取

体外受精では、男女それぞれの精子と卵子を採取します。女性から卵子を採取する場合には、麻酔を行う必要があるでしょう。男性から精子を採取した際には、状態の良い精子を選びだす事となります。

培養を行う

採取した精子と卵子を受精させるため、培養が行われます。受精卵が着床することが出来る段階まで成長させるのです。受精卵がある程度成長出来ましたら、移植の準備が行われます。

移植を行う

受精卵を女性の体内に移植します。この時に受精卵が余ってしまう事がありますが、移植に失敗した時に備えて保存されることとなります。移植手術を終え、問題がなければ日帰りすることが可能でしょう。後日、大阪の病院にて体外受精後の経過をみるために妊娠の検査を受ける事が出来ます。

広告募集中